憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

アルファ ロメオ 4cを 試乗してみた結果がやばい!!

アルファロメオ イタリア車

アルファ ロメオ 4cを 試乗してみた結果がやばい!!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

アルファロメオ4c概要

ボディを徹底的に軽量化したダイナミックかつ手が届くミッドシップ プレミアムスポーツカー。 官能的でダイナミックなデザイン、限界を突き抜ける加速感や爽快なエグゾーストサウンドなど、アルファ ロメオが情熱と理想のすべてを注ぎ込んだ究極のマシン。

出典 http://www.alfaromeo-jp.com

試乗前のサウンドチェック


最低地上高は、それなりに低いので(特にフロント)、段差のある立体駐車場の出し入れには、ナーバスになりそうです。

この時点で、すでに相当の爆音です。音質は、これまでのあらゆるアルファロメオとは異なるサウンドです。でも、イタリア車の音です。低く、野太く、それでいてレーシーな音です

出典 http://irodoriworld.com

アルファ ロメオ 4cのスタイル

 アルファ ロメオ 4c画像

出典 http://fsv-image.autoc-one.jp

驚異的な軽さ

それは1967年。Alfa Romeoはレーシングカー「Tipo33」の
公道バージョンとしてTipo33/2Stradaleがデビューし
その後計18台が製作された。世界中の人々から

あらゆる時代のクルマの中で最も美しいと評され
徹底して性能を追求したデザイン哲学と驚異的な軽さで
自動車史にその名を刻むことになる。航空工学を応用し

鋼管フレームにマグネシウム合金部材を組み合わせた
複合構造の新型シャシーを採用するなど、当時の革新的な
技術が惜しみなく投入されたクルマ。そう、まさに、この

Tipo33/2Stradaleが、Alfa Romeo 4Cのインスピレーションや
フォルム、テクノロジーの原点。ひと目で、この2台が同じ
シルエットを共有していることが分かる。
そして、一つ一つの要素に明確な役割があり
一片の無駄もないことも。この完璧なバランスは

設計段階での一貫したデザインに加え、技術的制約と
スタイリングの完全なる調和によって実現されている。

出典 http://www.alfaromeo-jp.com

こだわりのボディ

ファロメオ4c正面画像

出典 http://dupfdpeuykf2f.cloudfront.net

アルファロメオ4c左正面画像

出典 http://s-togawa.c.blog.so-net.ne.jp

アルファロメオ4c左後部画像

出典 http://s-togawa.c.blog.so-net.ne.jp

カーボンモノコックむき出しの内装

カーボンモノコックむき出しの内装

出典 http://catalog.tezzo.jp

アルファロメオ4c左後部画像

出典 http://car-research.jp

軽量化を意識した小型のスポーツカー

アルファロメオ4c内装画像

出典 http://p.ke-s.cc

シフトスイッチパネル

アルファロメオ4c内装画像

出典 http://catalog.tezzo.jp

アルファロメオ4cを試乗してみて感じた事

アルファロメオ4c画像

出典 http://snap.ultimative.org

このクルマを、ひとことで言い表すならば
「パッション」がピッタリです。数多くあるネガな部分も
相殺されてしまうような強いパッションがあります。

熱いラテンの血が流れていることをひしひしと感じるのですが
それがうまく調教されていて、オーナーカーとしても
毎日街乗りしたくなる。そういう絶妙なパッションを
感じさせてくれるクルマです。



私が愛してやまないアルファロメオというメーカーに
最もアルファロメオらしい4Cが加わったことを
嬉しく思います。ドイツ車的にお行儀の良くなってきていた
アルファロメオにとって、まさに面目躍如の1台です。

クルマは、燃費が良くて故障しなければいい、と言うようなものではない。良いクルマと欲しいクルマとは、まったく別物ですよね?

一般的な使い勝手が犠牲になってても、そんなことは関係ない。そう思わせてくれる、数少ないクルマの1台がこの4Cです。



さて、久しぶりにとんがったクルマに試乗して感じたことは
車体が軽量であることのアドバンテージは、とてつもなく大きい。
という、当たり前のことでした。

アルファロメオ4Cは、欧州で初めて発表された時の車重は
乾燥状態で895kg。ワゴンタイプの軽四輪と同じくらいですね。

これに、オイル、フルード、燃料などが入って950kg。
さらに日本仕様車は、エアコンやスライド式のシートが付いたり
安全装備が強化されたりして、1100kgまで車重が増えています。

それでも、たった1100kgです。で、240馬力。
パワーウェイトレシオは、驚きの4.58kg/PS!
わずかこの1トン強の重量の中に、これだけの性能を詰め込んで
市販モデルに仕上げてしまっているところに
アルファロメオの開発陣の情熱(パッション)を感じます。

車両本体価格は800万円を超えますが、この斬新なメカと
レーシングカー並みの動力性能とを考えれば
コストパフォーマンスは決して高くはないと言えるのではないでしょうか。

軽くて、早くて、パッションのみなぎっている4C。
このクルマの一端を感じていただければ幸いです

出典 http://irodoriworld.com

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう